Let's smile
Gunz、HP、日常の事を~。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タンブリングについて
こんばんは smile です。
雨の日は気分もです。

昨日は、バレンタインの日でした。
調査によると、OLとサラリーマンの60%以上がバレンタインの日を「面倒な日だ、無くなって欲しい」と思っているらしいです。

やっぱり、社会人の方に取っては、周りへの気配りで大変なんでしょうね・・・。

え、自分ですか?
秘密です!!

という訳で(どういう訳かは分かりませんが)今日はタンブリングのお話です。皆さん、タンブリングはご存知ですよね。武器を持った状態で各方向にダッシュする事で、コロコロと転がります。

先日、韓国では「ChallengeShip2006」という公式が運営する大会が開催されました。日本よりも、ずっとGunzが盛んな韓国ですから、その頂点に立つチームは相当な実力なんだと思います。

現在、何故かゲームワップルのホームページで各リプレイが見れないのですが、リプレイ掲示板で入手した、準決勝のリプレイを見てみました。

もう、凄いとしか言えない程高いAimと綺麗なKSなんですが、日本と韓国を比べてみると大きな違いが見受けられます。

まず、手榴弾の有無です。引き際に手榴弾を使ったり、牽制に使ったりと非常に上手です。今日はこの事には触れません。

次に、タンブリングの有無です。普段KSをしていて、故意的では無いタンブリング(KSのミスでのタンブリングです。)は良くあるのですが、韓国では意図的にKSにタンブリングを混ぜています。

今日は、このタンブリングを取り上げてみたいと思います。

タンブリングの特徴ってなんでしょう?
まず、

①常に一定距離を転がる。
②一定速度で転がる。(=一定速度で照準を流せる。)
③一定方向である。
④ダッシュに比べ、動きがゆっくりである。
⑤キャンセルが出来ない。

この辺りでしょう。
一定距離を一定速度で、一定の方向にゆっくりと転がる訳です。Aimのされやすさは酷いもので、基本的にタンブリングばかりしているとやられてしまうと思います。

ただ、「一定速度で照準を流せる」、「転がっている間は相手の動きをじっくり見る事が出来る」この辺りはタンブリングの特典だと思います。

このタンブリングですが、韓国のようにSlashShotや、HalfStepからの武器切り替えタンブリングショットをすると、非常に有効だと思います。

何度も、タンブリングするから当てられる訳で、寧ろKSの後のタンブリングは動きに緩急を付ける事さえ出来ると思われます。

空中でも同じように、SlashShotや、HalfStepからの武器切り替えタンブリングショットが有効です。はじめのSlashShotやHalfStepで大体相手の動きが分かりますから、次のタンブリングでのショットは高いHit率が期待出来ます。

まずは、SlashShot、HalfStepからの武器切り替えタンブリングショットを練習してみて下さい。

韓国大会の準決勝のリプレイも載せておきますので、参考にして頂ければと思います。

リプレイ1
リプレイ2

一応、模範(?)リプも用意しておきました。
こちらも、宜しければ参考にしてみて下さい。

地上でしたリプレイ
空中でしたリプレイ

実際、実戦で少し試してみましたが、とても有効だと思います。
これから、もっと煮詰めていけたらなと思っています。

それでは、今日はここまでです。
では~。

えぇ・・・。
こんばんは smile です。
最近、朝のランニングを始めました

走ってみて分かった事は、意外と走ってる人が多いという事です!
皆、健康に気を配ってる人が多いんだなぁとちょっとびっくりでした。

Gunzは、新しいX-Trapという対策が入って、大分チートも減ったようですね。
ただ、既存の公認ツールが使えなくなったようなので、その辺りで大変そうな人や、X-Trapの為に重くなったという人も居るようですが( p_q)

そういえば、お昼過ぎにGunzを起動したまま、GRSのソースを弄っていたんですけれど、Gunzを切ろうと戻ってみると、「不正なんちゃらかんちゃら」とログが出て、強制切断されていました。

これは一体?!
何も悪い事してないよ゜ + 。・゜・(ノД`)
何が、不正って認識されちゃったんでしょうかね・・・。

それでは、今日はこの辺りで終わりです。
ではでは~
GRS!
こんばんは smile です。
大分、暖かくなってきました。
でも、朝と夜はまだまだ冷えております( p_q)

皆さん、風邪をひかないように気をつけましょう~。

Gunzの話題ですが、最近GRSに非常に活気があって良い感じです。
新規登録者の方もよく来て下さりますし、常連さんの方も大分出てきて楽しいです

ただ、GRSに登録して下さってる方に気をつけて欲しいのは、TSなどの導入は「馴れ合い」的なものを強めてしまうので、
新規の方が入り辛い状況になってしまいます。

(*) TSとは、TeamSpeakingというボイスチャットです。

自分は、募集時は出来るだけ多くの方に声を掛けるようにしていますが
(名前呼ばれて迷惑な方はごめんなさいorz)
多くの方に利用して貰いたいので、その辺り理解して頂ければなぁと思います。
(例えば、なるべく固定メンバーでずっと試合をする事を避けて欲しいという事であったり、特定の人に変な感情を持たないで欲しいという事です。)

もちろん、皆で仲良くするのが良い事なのは大前提です。
それに、人が居ない事もしばしばありますから、同メンバーで何試合もする事も珍しくない事は分かっています。

ただ、例えば、一試合が終わって次の試合をする時は、IRCで募集を書かないでそのままそのメンバーで引き継ぐ方が居られますが、
出来る限りIRCに募集している事を書いて欲しいという事、

GRS 4v4 Town ランクフリー @7
      ↓
GRS 4v4 Town ランクフリー @埋まり

と一瞬でなってしまうかもしれませんが、IRCにいる人にとっては、
あ、ゲームしてるんだなって分かります。
(@連打で音がなるのが嫌という方も居たのでその辺りは、@の回数を減らすなど工夫が必要だと思います。)

後は、「~さんがチームに居ないからハズレ」とかそういうのは言わない方がいいと思います。
冗談だとしても、その言った人の同チームの人は傷つくかもしれないですし。

ゲームと言えど、Onlineだとお互い人間同士でパソコンを挟んでコミュニケーションしている訳ですから、その辺りを考えて頂けたらと思います。

それでは、長々と書きましたが、
今日はここまでです~。


机上理論・・・では無いです!
こんにちは smile です。
テストに追われていますが、適度に遊んでおります

今日は、Aimについての検証です。
普段、SGをコアヒットさせた!と思っていても、実際にはカス当たりだったという経験はありませんか?

自分は、良くあります...orz

何故、このように「相手の体の中心を捉(とら)えた時に発砲したはずが実際はコアヒットしていない」という現象が起こるのでしょうか。
もちろん、Pingsの影響もあります。
Pingsの値によって、実際は少し先を撃たなければならないという事は皆さん良く知っている事だと思います。(俗に言う、偏差撃ちです。)

(*)偏差撃ちについては、当サイトのAimのページをご参考下さい。

...で、実際自分もこの偏差撃ちをしていたのですが、(本当かっ?!)
この状態でもコアヒットしたと思っていたのがしていないというのがありました。

そこで、実際、弾道はどのようになっているのか調査する事になりました。
場所は、Townのとある位置です。
まず、所定位置に立ち、そこから最速でHalfStepやSlashShotをしてみます。(左HalfStepと右SlashShotを行いました。)

そして、壁に出来た弾痕を調べてみると...。

aim2


これだけ右に弾痕が流れていました。
0距離射撃をしても、これだけ右に流れるという事は実際距離がある程度あるともっと右に弾が流れているという事になります。

...と思いましたが、ある程度の距離があってもこの弾痕の付き方はそこまで変わりありませんでした。
しかし、右に流れる(ダッシュ方向に流れる)というのは確かのようです。

そして、もう一つ、右に移動しながら撃ってみるとこのような弾痕が残りました。

aim1


歩いて撃つと、ダッシュ中に射撃する時とは違い、進行方向に弾が流れるという事はありませんでした。

つまり、この事が何を指しているのかと言うと、各KSで最速撃ちでは無い、目押しで射撃する場合は弾道が流れる事は少ないが、最速撃ちで撃つ場合は、この弾道がダッシュ方向に流れるという事を考慮しなければならないという事です。

ただ、どちらのスタイルに置いても、0距離でもダッシュ中に射撃すると、これだけ弾道が流れているという事を念頭に置いておくべきでしょう。

例えば、相手が自分から見て右から左にダッシュしました。
こちらは左HalfStepをし、右に照準が流れます。交わる時に射撃するといいのですが、左HalfStepの二回目のダッシュ、すなわち右へのダッシュ中に射撃する場合は、少し早めに撃たなければならないと言う事です。

常に最速のタイミングでKSをする方は、この弾道のずれを常に意識出来ますが、目押しな方は、最速で発砲したり、少し遅らせて発砲したりするので、実際この弾道のずれを常に意識する事は難しいでしょうね:(

それでは、本日は以上です
机上理論ですがっ!
こんばんは、smileです。
今日は、机上理論ですけれど相手の攻撃の避け方についてです

最近、TDMなどをしていても、一部適当にKSしている為か相手に当てられる事も多いです。
これは、多くのプレイヤーがKSの動きに慣れてきたというのが大きいと思います。なので、いかに相手に取って当て辛いような動きを取る事が大事だと思います。

例えば、自分の場合は「相手との交差点を作らせない動き」をする人が苦手です。なので、今日は「どうすれば、相手との交差点を作らせない動きが出来るか」について考えてみました。

simyu


Aが敵、Bが自分自身です。AさんがBさんより左に居る場合、そして、AさんはKSを使って移動します。
Aさんの動きの選択肢としては、

・赤い線 → 左タンブリング、左SlashShot
・青い線 → 左HalfStep
・橙の線 → 右HalfStep

大まかにこの三種類です。
Bさん(自分自身)の行動の選択肢も同じように三種類あります。この場合、Bさん(自分自身)が青い線の行動、すなわち左HalfStepを取った場合、Aさんとの交差点が最も少なくなります。

・・・つまり、
■相手が左に居る時
左HalfStep、または右方向への移動をすると最も当てられ難い。

■相手が右に居る時
右HalfStep、または左方向への移動をすると最も当てられ難い。

という事になります。
このように考えてみると、敵が自分から見て左に居る時は、敵を中心に、右周りの行動を主に取りつつ移動する、敵が自分から見て右に居る時は、敵を中心に、左周りの行動を主に取りつつ移動する。
という事を念頭に置いて行動すると良さそうです。

simyu2


本当に実戦で上手く行くか分からないので、これから少しずつ試してみようと思います:D

それでは、また~。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。